MENU

外壁塗装リフォームは必ず必要か?

「自分の家を建てるのが夢です」「いつかは自分の家を!」などと考えている方は多いでしょう。
しかし、家を建てることがゴールではありませんよね。
家を建てればメンテナンスが必要です。

 

自分の家を建てた方には、いろいろなタイプの方が見ることができます。
・毎年のようにどこかしらのリフォームをしている人
・必要な箇所だけを必要に応じてリフォームする人
・建てたら何もしない人。

 

多くの方が疑問に思うところではないでしょうか。
外壁塗装などは定期的に行うように言われるけれど、果たして本当に必要なのか?
雨漏りもない、大きなひび割れもない、いずれ解体して建て直す時がくるであろう家屋のメンテナンスは、不自由がなくても行うべきなのか。

 

一般的に、最近の建物は昔よりも簡単に建てられるようになりました。
そして、見た目の美しさを保つことができるようになり、古臭さを感じにくくなっていますね。
しかし間近で見ると分かるのですが、外壁は10年もすればけっこう傷ついたり浮いたりひび割れがあったりもします。
これを放置しておくと、塗膜の奥の壁材そのものが腐食したり破損する原因になります。

 

例えば、建てたあとメンテナンスも行わずに何もしない人の家は、同時期に立てられた建物に比べて傷みがひどくなっていることは言うまでもありませんね。

 

外観では、鉄部は錆だらけ、塗装や補修で済むはずもなく、交換しなければならない状態にまでなってしまいます。
また、場合によっては交換しなければ危険を伴うこともあります。
雨漏りによる腐食は、雨のたびに腐食が進みます。
外観は、同時期に建てられた建物に比べてみすぼらしくなり、美しさの欠片も感じられなくなるでしょう。

 

しかし、だからと言って、予算に見合わないほどメンテナンスとリフォームを繰り返していては、やはり大変です。

 

ここでの提案として、予防的なメンテナンスは不要ではないか、ということです。
定期的な点検を怠らず、早め早めのケアを行うことで、無駄な出費をせずに必要なリフォームを行うのが理想的ですね。

 

>>外壁塗装・リフォームの費用を安く抑える方法とは?より安い価格で!