MENU

リフォーム記事一覧

屋根のリフォームは、ついつい後回しにしがちです。屋根は見えないこともあり老朽化を実感するころには、相当な劣化が進んでいる状態になっているでしょう。しかし、屋根は家屋の寿命を左右するものだと言っても過言ではありません。チェックを怠らず、小まめなメンテナンスをお勧めします。屋根は、直射日光を受け、雨風に晒され、日々外気と闘っている部分です。外壁のように目に付く場所ではありませんので、ついつい後回しにし...

屋根は普段見えないため、どうしてもメンテナンスが後回しになってしまいます。しかし、直射日光や雨風に晒される屋根は、家屋の寿命を決める大切な箇所でもあります。気付いたときには、大変なことになっていた!などということがないように、定期的な点検を行いましょう。屋根のリフォーム方法に『カバー工法』があります。『カバー工法』に関しては賛否両論あり、「安くて利用しやすい」とか「後々高くつく」や「良い」とか「悪...

屋根は、直射日光や雨風を直に受け、家を守る重要な箇所です。屋根の傷みは家の寿命を縮め、屋根のメンテナンスがしっかりとできていれば家の寿命を延ばすとも言われています。しかし、気付いた時には既に屋根の下地まで劣化してしまっている場合もあるでしょう。そんなときは、下地も一緒にリフォームする葺き替えを行うと良いですね。塗装やカバー工法ではどうすることもできない場合の方法ですが、カバー工法を利用せず葺き替え...

屋根のメンテナンスは、見えないだけについつい忘れがちです。そして、後回しにしてしまいます。しかし、屋根は直射日光を浴び、雨風に晒されて、家屋を守る役目を担っています。屋根のメンテナンス次第で家屋の寿命を長くも短くもできるということを覚えておきましょう。「屋根のメンテナンスはしてますか?今なら無料点検となっております!」などというセリフでセールスされたことはありませんか。屋根の劣化状況に日々気を配っ...

屋根は、日常的に見える場所ではないので、それだけ傷み具合に気付けない箇所だと言えますね。年に2回程度、屋根の状態をチェックして、酷い傷みにならないうちに修繕するようにしましょう。定期的な塗り替え工事が必要な屋根材・カラーベスト・コロニアル・モニエル瓦・セメント瓦・スレート・トタンなどがあります。また、塗り替えが必要な目安には、どんなものがあるのでしょうか。目安が分かれば、塗り替え時を逃すことなく、...

屋根は普段なかなか見ることがありません。ですから、その傷みも目に付くことはなく、ついつい放置したままということもありがちです。年に2回くらいは、屋根の点検をするようにしましょう。屋根の塗り気時期は、前回の塗装の際に使用された塗料によって異なります。塗料には、いくつか種類があり、塗り替え時期にも大きな差が出てきます。それぞれ耐久年数が異なるため、塗り替えのタイミングも異なりますし、長い目で見ると塗り...

『リフォーム詐欺』があることをご存知ですか。最近は、リフォームに関する詐欺が増え傾向にあり、手口も悪質になっています。まずは、悪徳業者の餌食にならないように、悪徳業者を見抜きましょう。悪徳業者の共通した特徴として、いきなり家に訪れて「無料点検を行っています」と壁や屋根の点検を勧めます。点検すると、「早く修繕しなくては家を傷めてしまいますよ!」と、早急にリフォームすることを勧めます。場合によっては、...

家屋のリフォームにはいろいろありますが、屋根や外壁、配管や軒下など、見えない箇所のリフォームは特に注意が必要です。悪質な業者に捕まってしまうと、高いお金を取られてきちんとした仕事をしてもらえない、しかもすぐには気づきにくく、数ヶ月・数年、かなり時間が経過してから気づくという最悪の事態となってしまいます。そんな目に遭わないように、悪徳業者であれば嫌がるような対応をして、絶対に騙されない態勢を取りまし...

水回りのリフォームは、どのタイミングで行いますか。だいたい、15〜20年くらいでリフォームを行うことが多いようです。新築のときにはピカピカでも、家屋はどんどん劣化します。その箇所によって劣化の進行度合いは異なりますが、タイル張りの浴室であれば築15年〜20年が目安となります。この時点で、既に土台や下地材が腐朽している場合もあります。その原因は、水漏れに腐朽、シロアリ被害などです。小さなひび割れを放...

水回りのリフォームは、決して安いものではありません。そこで、少しでも費用がかからないように、削減できる方法を考えますね。家のリフォーム工事は、工事の箇所が多くなるとコストダウンしやすくなります。つまり値切りやすくなるし、業者も値引しやすくなるということです。リフォームに関しては、関連工事をまとめると効率が上がり、費用の削減が可能となります。中でも、水回りのリフォームは大きな値引に繋がります。その理...

普段、洋服を買うときや靴を選ぶとき、試着をして選びますよね。例えばバッグなら、持って鏡に映したり、メガネなら掛けてみますよね。水回りのリフォームは、他のリフォームと比較すると設備機器の費用が大きいです。システムキッチンは、約30万円〜200万円。ユニットバスは、約30万円〜200万円。洗面化粧台は、約15万円〜50万円。便器は、約10万円〜40万円。プラス工事費用となります。洋服でも試着するのに、...

浴室は大きく!と希望される方が非常に多いそうです。その理由として、『浴室はリラックスする場所』という日本人の感覚が挙げられるでしょう。確かに、お風呂は体を洗うためだけの場所ではありません。疲れを癒し、ストレスを解消し、何よりリラックスできる場所として、非常に重要ですね。つまり、浴室のリフォームを行う際には、機能性を重視するばかりでは満足することができないとも言えますね。お風呂タイムが、幸せで充実し...

水回りのリフォームには、各家庭のこだわりや好みもあり、じっくり選ぶことが必要です。中でもトイレは狭い空間だからこそ上手くリフォームしなければ、小さな失敗が大きく響く場所でもあります。トイレは毎日使うところです。是非、快適な空間に仕上げてください。トイレの床材トイレの床材は、一般的にビニルクッションのようなものやタイルなどが多いようです。便器周辺は、床にアンモニアや掃除で使う強力な洗剤などが想像以上...

トイレのリフォームは衛生的な観点においても、ほかの場所のリフォームとは少し異なる部分をもっています。非常にプライベート空間であることから、快適に安心して利用できる空間であるべきです。また日本では、お風呂に次いでトイレの快適さにこだわっている方が多くいらっしゃいます。こだわりすぎて大失敗!なんてことにならないように、トイレリフォームの最低限のルールを守りましょう。トイレのリフォームのポイント・安全・...

トイレのリフォームで気を付けていただきたいのが、床材の選び方です。フローリングを使用しても良いのか、という質問は非常に多くあります。考えてみましょう。トイレとは、ある意味特殊な場所です。湿度が高いばかりではなく、アンモニアや強力な洗剤が飛び散る場所でもあるのです。トイレの床材にフローリングを希望される方は、家の中に統一感がほしいのでしょう。例えば、家族に座って用を足すことを約束してもらっても、来客...

トイレは家の中でも最も狭い場所です。しかしトイレには必要なものがたくさんありますね。掃除用具やトイレットペーパー、生理用品や消臭剤の付け替えなど、できればしっかりと収納スペースが欲しいですね。トイレの収納と言えば、吊り棚を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、トイレットペーパーがない!となったとき、吊り棚からトイレットペーパーを取るには立ち上がらなくてはいけません。トイレットペーパーのストック...

トイレは家の中で最も狭い場所です。しかし、トイレの中は物が多く、雑多になりがち。トイレットペーパーなど、便座に座ったままでも手が届くところに収納しなければいけないもの以外は、立ったままで取り出せれば良いので、デットスペースを利用しましょう。トイレ用洗剤、除菌シート、消臭剤の付け替えなど、トイレの奥のコーナー部分や高い位置に吊り棚を設置するなどして収納すると良いですね。ごちゃごちゃしたものを収納して...

かつて日本では、全てが和式トイレでした。汲み取り式が水洗式となり、洋式トイレが当たり前になった今では、和式トイレの使い方が分からない子どももいるほどです。ですから、家の建て替えまではしなくても、和式トイレを洋式トイレにリフォームしているお宅がたくさんあります。和式トイレから洋式トイレにリフォームする理由・和式トイレで用を足すとき、足腰が辛く疲れる・実家のトイレのリフォームをして、両親にプレゼントし...

トイレのリフォームを考えたとき、どのような基準で便器を決めますか。現在では、自分で掃除まですることができる便器や、人を感知して蓋の開閉ができる便器など、様々な機能が備わっています。ショールームへ行ってみると、実際に様々な便器を見ることができますし、ショールームのトイレはほとんどの場合最新型になっていますので、使ってみると良いでしょう。「そんなにたくさんの機能はいらない」と思っていても、実際に見ると...

年々、家庭内の事故における死亡者数が増えています。驚くことにその数は、交通事故での死亡者数より多い状況となっています。最も多い家庭内事故の死亡原因は、転倒や溺水です。お年寄りや小さな子どもさん、或いは妊婦さんにも、家庭内は安全でなくてはいけません。スリッパや躓きでの転倒、階段からの転落、バスタブでの溺水または転落など、家の中に危険がいっぱいです。まずは足元を見直しましょう。階段や通路など、夜間でも...